箸長 ONLINE SHOP

輪島塗銀地金線夫婦箸

最上級お箸_結婚祝い向け夫婦箸

銀の漆塗りに金線の入った細身の夫婦箸です。細身のためお洒落で洋食などにもお使いになれます。


輪島塗(石川県)
日本で最も有名な漆器で最高技術の蒔絵(※1)や沈金(※2)といった華やかな加飾が印象的な輪島塗のお箸。地元の木材・アテ(能登ヒバ)で木地を作り堅牢です。華やかさと堅牢さを兼ね備えており、軽くて口当たりもいいお箸です。

※1蒔絵:漆で模様を描き、乾かないうちに金粉や銀粉、または顔料の粉を蒔き固着させる技法。
※2沈金:漆塗りの表面に紋様を彫り、生漆を刷り込み乾かないうちに金箔や金粉を溝の中に押し込む技法。銀箔を使ったものは沈銀という。

●食洗機のご使用はお避け下さい。
●水への長時間のつけ置きは、木が水を吸い込むことで木の耐久性が落ち割れや反りの原因となります。
●直射日光の当らない場所で保管してください。
値段
¥28,080(税込み)
素地
木、漆
長さ
24cm、22cm
箸先
在庫
1
NO.
H−41
数量   膳
Copyright©hashityou.